タンポポの分析の位置などに関しまして受講

タンポポに関して実習しました。タンポポの分析のポイントは、1つ目は日付・ウエザー・温度・周囲のみたいすなどを記録します。次は植物の全体を見つけ、そのビジュアルをスケッチ行う。3つ目は根・茎・葉・花など細かい部分を見晴らします。4つ視線は、日付が変わったり、生育している配置がちがうというどのように変化しているか調べます。タンポポも各種タンポポがあります。反り返っていないタンポポはカントウタンポポ、以外にエゾタンポポ、カンサイタンポポなどがあります。反り返っているのはセイヨウタンポポのほかにアカミタンポポなどがあります。都会化が進むと、緑が減りアスファルトやコンクリートで土がおおわれて水を吸い込まなくなります。その結果、そこに育つ植物の種類は収まり、帰化植物の占める兼ね合いが大きくなります。帰化植物は、本来の自生フィールドから人間の取り次ぎにて引越し、安否・繁殖した植物だ。セイヨウタンポポ、ハルジオンなどがこちらにあたります。知らなかったこともあったので、勉強になりました。キレイモ 料金